野菜の日の取組について

1.趣旨等

   野菜の日については、昭和58年全国青果物商業協同組合連合会(以下「全青連」という。)ほか8団体で消費者に対し、野菜の栄養価値や野菜摂取の意義を再認識してもらい、その消費の促進を図るため8月31日を「野菜の日」と定めて、同年都内百貨店などで消費者啓発を展開していた。

   しかしながら、それ以降は野菜の日を活用して、各事業者で消費の促進を取り組んできたところである。

   こうした状況の中、農林水産省で「野菜を食べようプロジェクト」が整備されて、民間団体等の申請により、当該ロゴマークを使用できること等を端緒として、当連合会は理事会で協議した結果、全国青果物商業協同組合連合会青年会(以下「全青青連」という。)が主体的に野菜の日への取組を行うこととして、昨年8月25日(日)に全青連は40年振りに野菜の日への取組を行ったところである。

   ついては、令和6年度においても、下記のとおり全青青連が主体的に以下の取組を実施する。

2.活動の概要

〇チラシ配布及び青果物の試食販売を通じた野菜の栄養価値や野菜摂取の意義の再認識のため、以下の場所で活動を実施。

〇日時及び場所  令和6年8月4日(日)午前11時から午後4時

    JA東京アグリパーク

〒151-0053

東京都渋谷区代々木2-10-12 JA東京南新宿ビル1F

JR新宿駅南口より徒歩4分JA東京

TEL   03-3370-3001

FAX  03-3370-3017

〇青果物

    全国の主要な青果物の試食販売

〇チラシの配布

全青青連会員傘下組合員で配布

〇全青連会員

   全青連傘下会員は、所属卸売市場でポスター貼付やチラシを配布する。

(任意)